ネントレって必要?!ネントレなしでもセルフねんね習得!

りーママです。

私は、りーちゃんが生後3ヶ月くらいからネントレはいつから始めるのか、どうやってするのかなど気になっていたんですが、結局しっかりとネントレしなくても、少しの工夫でセルフねんねできるようになりました〜♩

りーママ

この記事では、本格的なネントレをせずにセルフねんねを習得させた方法を紹介します!!
早めに習慣づけておけば1歳以降もすんなり寝てくれて子育てが楽ですよ〜♩

お昼寝の回数と夕食やお風呂について

お昼寝のタイムスケジュール

私はお散歩の時間や離乳食の時間を決めておきたかったので、お昼寝時間がだいたい同じになるように生活リズムを作りました。

生活リズムを作ると言っても、最初はりーちゃんの昼寝時間に合わせて遊んだり散歩したり離乳食をあげるようにするだけ。眠くなる時間帯を大体把握してから、毎日同じになるよう調整しました♩

りーママ

毎日12時頃に眠くなるのであれば、必ず午前中の遊びもそれまでに切り上げ12時前には寝る体制づくり。最初のうちは1人で寝ないので抱っこや添い寝で寝かせてしまう!
そうしているうちに生活リズムがついてきます*

りーちゃんの場合は、午前中は家で遊ぶより、児童館や支援センターで遊ばせた方が昼寝もすんなり。「帰ってきた=昼寝」と習慣づける感じです♩

(参考)りーちゃんの昼寝時間 

★午前中(10時頃)の昼寝:30分〜40分

★午後(14時頃)の昼寝:1〜2時間 

※1才になった時は、昼寝は午後13時頃の1回になりました。

夕食とお風呂の時間は決めておく!

(参考)りーちゃんの夕食とお風呂時間

★夕食:18時

★お風呂:19時

★就寝目標:20時

(参考)りーちゃんの夕食とお風呂時間

お風呂からあがると(20時前)部屋を少し暗くして授乳。少し遊んだら自分で寝る習慣がついているみたいです。

※授乳中に寝てしまうこともあります。

★追記★(2020年2月3日)

卒乳後も、お風呂から上がって少し遊ぶと自分で寝ていました!セルフネンネを習得していると、卒乳も周りと比べ早かったし負担がなかったように思います。

https://happyikuji-days.com/wp-content/uploads/2019/12/fullsizeoutput_319e.jpeg
りーママ

夕食やお風呂の時間を決めることで、寝る前のルーティンのようになっていたのが良かったのかなと思います!

Point
・午後5時以降の昼寝はさせない。
・夕食とお風呂の時間は毎日同じ。
・お風呂から出たら明かりは少し暗くしておく。

新生児から意識していたこと

①朝はカーテンを開けて明るく、夜は真っ暗に。

友達が新生児の時から朝と夜を意識させるようにと教えてくれました。

朝は部屋を明るくして「おはよう」と声かけ。

夜は真っ暗な部屋で寝かしつけ、授乳とオムツ替えは薄明かりの中やってました。

https://happyikuji-days.com/wp-content/uploads/2019/12/fullsizeoutput_319e.jpeg
りーママ

りーちゃんは、生後1ヶ月位から夜を認識したように思います。夜は泣いて起きても、授乳が終われば自然と目をつぶってまた寝ていました。

②添い乳はしない。

添い乳については、色んな意見があると思いますが、私が出産した病院が添い乳は癖になるから推奨されていませんでした。

私は添い乳は1度もせず夜中も必ず起きてベットに座って授乳をしていました。

授乳が終わったらベッドに置かれて寝るという癖がついたため、夜に関しては背中センサーはなく授乳が終われば寝てくれたし困る事はなかったです。

※りーちゃんは夜泣きもなかったので、これで対応できました。添い乳に関しては、ママが一番楽な方法がいいと思います。

セルフねんねには安心できるお気に入りグッズが必要!

ミルクやおっぱいを飲みながら寝る子って多いですよね。赤ちゃんが寝るためには安心感が必要なんだと思います!

安心できるお気に入りグッズ例

私はりーちゃんが生後3ヶ月頃から、お気に入りになるものはないかと色んなものを試しました♩

試したといっても、眠そうにしている時に側においてみて握ったり、触ったりしているかチェックしていただけ。

試したもの
  • おくるみ
  • ブランケット
  • ぬいぐるみ
  • 布製おもちゃ

りーちゃんは、布団代わりにかけていたブランケットがお気に入りになりました◎

https://happyikuji-days.com/wp-content/uploads/2019/12/fullsizeoutput_319e.jpeg
りーママ

りーちゃんの場合、一緒に寝ているものに愛着が湧くみたいです。後にベットの横に置いていたぬいぐるみ・クッションなども好きになりました(笑)

お気に入りが見つかると育児が楽♩

お気に入りのものが見つかると、ネンネ導入以外にも泣いている時や心が不安定な時にとても役立ちます!

うちは外出するときもブランケットを持って行く事が多いです。(ブランケットなので冬は良いんですけど、夏が、、笑)

りーちゃんにとってブランケットは心が落ち着く場所のようで、すっごい泣いていてもブランケットまでハイハイして1人で泣き止むことも多いです。こういう事だけでも家事を止めなくて良いし、とても育児が楽になったように思えました。

セルフねんねできない日の対応

ネントレでよくある「泣いていてもそのまま。数日で慣れる。」 みたいな事は一切しませんでした。

泣いてるとやっぱり可哀想になってついつい抱っこしちゃうんですよね。

最初はお昼寝のセルフねんねを習得し、1週間もすれば慣れて夜も1人で寝ていましたが、時々泣くことも。そんな時は私は抱っこしたり、抱っこ紐で寝かせたり、授乳したり自分が1番その時楽な方法で寝かせていました。ただしどんな時もブランケットは持たせていました

Point
セルフねんねできない時は、お気に入りの物を持たせて抱っこで寝かす!(ママが1番楽な方法で)
お気に入りの物と寝る!という習慣をつけさせましょう。

まとめ

我が家のセルフねんね習得方法をまとめてみましたが、いかがでしたか。

本格的に!絶対にセルフねんねを習得させるぞ、という方はジーナ式など参考にされた方が良いかと思いますが、私のようにゆる〜く、1人で寝てほしいな、少しでも睡眠導入が楽になったらな、という方の参考になったら嬉しいです!

私の友達も新生児から添い乳をせず、お気に入りのタオルケットを見つければ夜1人で寝てくれる事が増えたそうです!お気に入りの物を見つけるのが1番効果あるのかな〜

2 COMMENTS

kurashiiro

セルフねんねすごいですね!!
うちは布団においてトントンすれば寝るようになりましたが、布団に置きっぱでセルフで寝始めることは今のところありません(T ^ T)
眠すぎてご飯を食べながら椅子で寝ることは何度もあるのですが(^_^;)

kurashiiro

書きそびれましたが、体調治りました?
無理なさらずお過ごしください^_^

現在コメントは受け付けておりません。