お兄ちゃんお姉ちゃんになる時に読みたい英語絵本の紹介「I am a big sister」

2歳4ヶ月の娘りーちゃんと、おうち英語をマイペースに取り組んでいるりーママです。

今まで英語関連の記事は、色々まとまってから書かないと!と思ってたんですが、それだと中々リアルタイムの取り組みをお伝えできないので、今後は気軽な感じ?で書いていきたいなあと考えています。

今回は、もうすぐ私が2人目出産なのでお姉ちゃん・お兄ちゃんになる子に読みたい絵本を紹介します。

I am a big sister

「赤ちゃんがやってきた。私はお姉ちゃんになったよ〜!」というシーンから始まります。

 am a big sister

「私も前は赤ちゃんだったけど、今はお姉ちゃんだよ。」って赤ちゃんの為に色んなお手伝いをするお姉ちゃん。

ミルクの用意をしたり

オムツを捨てたり

赤ちゃんと遊んだり

赤ちゃんをお風呂に入れてあげたりします。

それから弟が大きくなっても一緒に遊んであげるお姉ちゃん。

最後は

「Mommy,Daddy,baby,me.We love each other-a family! 」

りーママ

お姉ちゃんが寂しい想いをしてる場面はなく、弟と家族と仲良し!という感じが伝わってきて、ほっこり。

私が読んだ絵本はお姉ちゃんになる絵本ですが、お兄ちゃんになる絵本もあります▼

英語耳を鍛えるライミングがいっぱい!

ライミングって?

ライミングとは終わりの音が同じ単語。(例 light/bright/tonight)

フォニックス前に、ライミングやアリタレーション(同じ音で始まっている単語)にたくさん触れ耳を鍛える事が大切と言われています。アメリカの教育では、英語を読めるようになる前にライミングやアリタレーションに慣れることを大切にしているようです。

※私は全然詳しくないので、気になる方は本を読んでみてくださいね。

「アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている」にライミングやアリタレーションについてわかりやすく書かれています♪

この本は、インスタでフォローさせてもらっている、はむさん(「おやこえいごびより」おうち英語に関する情報を発信されています。)に紹介して頂きました。

I am a big sisterにもライミングがいっぱい。

cleverとeverがライミングになってますね。

こんな感じでほとんどのページで韻を踏んでいます。

読んでると楽しいよ!

りーちゃん

赤ちゃんが産まれる時に読みたい英語絵本「I am a big sister」

内容もほっこり、英語の音も楽しめる「I am a big sister」イラストも可愛く、これから赤ちゃんを迎える家庭にぜひお勧めしたい絵本です。

りーちゃんは、私が妊娠してる事はなんとなく分かってるみたいだけど、実際に産まれたらどうなるんだろう。

日本語絵本では、「ちょっとだけ」を読んでいます▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です