ウォーベル(wobbel)を口コミ!|2歳が実際に使ってみたら色んな遊び方があった♩

りーママ(@ri_mama_ikuji)です♪

グッド・トイ賞2020を受賞したウォーベルを購入ました。コロナでおうち時間が長くなったこともあり、今かなり売れているみたいですね。

この記事では、2際の娘が実際に使ってみて感じたことを書きたいと思います。

りーママ

結構高いから買うの勇気いるよね〜(笑)ぜひ参考にしてください♩

ウォーベル(wobbel)って何?

遊び方が無限大の木製バランスボード

オランダ発の木製バランスボードです。

ヨーロッパの高品質な自然素材と技術で作られています。

シュタイナー教育の思想に基づいて、子供たちの感性を磨き想像力をかきたてるように作られていて、遊び方が無限大なんです♩

体幹を鍛える運動もできるし、ごっこ遊びにも使えますよ〜!子供が自由に遊びを生み出せるので長く使えそうですね✳︎

ヨーロッパやアメリカ、カナダ、オーストラリアなど世界40カ国以上で販売されており、2019年から日本でも販売が開始しています。

りーママ

2020年12月から楽天での販売がスタートしました♩ポイントも貯まるので、私は楽天で購入!

ウォーベル(wobbel)の特徴

*Wobbelの特徴*

1. Creativity&Imagination

決められた遊び方がないシンプルかつ上質な曲線で、子供たちは大人が思いつかないような遊びを次々に発見します。子供の成長や気持ちを反映した遊びができるため、年齢を問わず長く楽しむことができます。

2. Balance

室内でもしっかりアクティブに遊べて、遊びの中で自然にバランス感覚や体幹、筋力が鍛えられます。海外のキッズヨガでも愛用されています。

3. Relax

ゆりかごのようにリズミカルで心地よい揺れが、気持ちに落ち着きをもらたします。日々の成長にはしっかりリラックスタイムも大切。じっとしているのが苦手な子も、ゆらゆら動きながらリラックスできます。

ウォーベル公式サイトより

ウォーベル・オリジナルは200kgまで使えるので、子供と一緒に大人が遊ぶこともできるし、大人のストレッチにも◎

0歳から使えるよう安全性もしっかりしていますよ〜♩

りーママ

もうすぐ赤ちゃんが生まれるので、0歳から使えるのにも魅力を感じました♩

3種類から選べます。

*0歳から大人まで使える定番サイズ「ウォーベル・オリジナル」

*ウォーベル・オリジナルより小さくて軽い「ウォーベル・スターター」

*ウォーベル・オリジナルよりひとまわり大きく身長140㎝以上向け「ウォーベルXL」

このブログを読んでくださっている方は、乳幼児を子育て中の方が多いので「ウォーベル・オリジナル」か「ウォーベル・スターター」が良いかと思います。

私は、大は小を兼ねる的な考えで(笑)どうせ買うなら長く遊びたいし大人も楽しみたい!と「ウォーベル・オリジナル」を購入しました。

ウォーベル(wobbel)を使った2歳の遊び方

基本的には「こうやって遊ぶんだよ〜」とかは教えず、「どっちの面でも遊べるからね〜」とだけ伝え自由に遊ばせました♩

娘りーちゃんの遊びの一部をご紹介します。(笑)

「山」に見立てて登る

ただウォーベルに登って歩いただけなんですが(笑)りーちゃん曰く「山」だそうです。

そーっと登って降りてくるのが楽しいよ♩

りーちゃん

バランス遊び

ウォーベルに立って、バランスボードとして使いました。

ウォーベルの端に立ってピョンピョンして笑っていました。

2歳だとまだ足を開いて左右にユラユラというのは、できないので大人も一緒に乗って間に子供を入れてあげると更に楽しめますよ〜♩

トンネル

トンネルのようにウォーベルの下をハイハイして通っていました。

ウォーベル
色はラズベリーです。

滑り台

ソファにウォーベルを立てかけて、滑り台のようにして遊びました。(これは主人が遊び方を教えていました。)

ウォーベル
この写真のラズベリーが実際の色に近いです♩

私はフェルトありを買ったので、滑りが少し悪いんですがりーちゃんは楽しそうだったし、登る時はフェルトありの方が滑らなくて安全そうです。

ユラユラ、リラックス

ウォーベルの上で転がって「ママ、ユラユラして〜」と。

ウォーベル

ユラユラする時は、手が外に出ているとウォーベルの下敷きになってしまうかもしれないので注意が必要ですがユラユラが気持ち良い様子です。

電車を走らせる

りーちゃんは、トーマスが大好きでいくつかプラレールトーマスを持っていますが、トーマスをウォーベルの上に走らせ楽しそうにしています。

この遊びが一番好きかも♩

ウォーベル
シューっと滑り落ちていくのが楽しいよ♩

りーちゃん

椅子として使う

遊びではないですが、、お絵かきや粘土遊びをするときに、ウォーベルを椅子として使うとテーブルの高さにピッタリなのでよく活用しています。

ウォーベルの公式HPでも、キッチンの踏み台やローテーブルとして使えると書かれていますよ。

その他

まだうちでは試していませんが、公式サイトではキッズヨガが紹介されています。

ウォーベル公式サイトより

ヨガカードを無料ダウンロードでき、楽しそうなので出産後に一緒にやってみたいです。

フェルトあり、なしについて

ウォーベルを購入しようと思った時、フェルトありかなしかで悩む方も多いと思います。

フェルトなしだとフェルトありより6,000円程値段も安い!(23,078円)

公式サイトでは、

私たちのウールフェルトは、最高の天然フェルトから作られています。それは天然染料で着色されているので、厄介な化学物質を含んでいません。耐摩耗性に優れ、床やWobbelを保護し、優れた消音性を備えています。コルクのようにバラバラになるリスクは実質的にゼロです。暖かくて手触りがよく、美しい色でご利用いただけます。

と紹介されています。

カーペットや敷物が敷いている場合はフェルトなしのウォーベルでも良いけど、そうでない場合は床の保護や防音のためフェルトありの方が良いよといった感じです。

りーママ

実際に約1ヶ月間フェルトありウォーベルを使ってみましたが、フェルトがモロモロになることもなく綺麗です。さすがウォーベル‼︎

多少の擦れ感や、ゴミがつきやすいなとは思いますが私は特に気になりませんでした。

ウォーベル(wobbel)は子供の室内遊びにピッタリ♩

購入する時は「高いな〜すぐ飽きちゃったらどうしよう。」と悩みましたが、色んな遊び方ができて飽きないし、バランス遊びで体幹も鍛えられ大満足です。

多少場所はとりますが、、(笑)室内遊具(ブランコ、ジャングルジムなど)に比べれば小さいし簡単に移動させることもできるので狭い我が家にピッタリでした♩

ただウォーベルオリジナルは結構重いので、子供1人で運ぶのは難しいので必ず親が運んであげる必要があります。

りーママ

大人もウォーベルを使ってストレッチしてます!腰が伸びて気持ちい(笑)

また緊急事態宣言が出て、おうち時間が長くなりそうなのでウォーベルをどんどん使って遊びたいと思います。

ウォーベルオリジナル▼


ウォーベルスターター▼


赤ちゃんが生まれたら、また0歳がどんな風に使えるのか書きますね〜♩